手術室看護師の仕事内容

看護師ときくと入院中の患者の世話や医者の診療の補助をする仕事だと思う人が多いですが、その他にも専門的な看護師の仕事があります。

化学療法や新生児医療、糖尿病に特化した専門看護師という仕事があります。

これらは、看護師資格を取ってから臨床経験を経て、さらに試験に合格したものしか取得できない資格です。

看護師といっても様々な分野があり、個々の看護師が専門性を高めていくことで医療の発展と共によりよい看護が提供できるようになるのです。

その中でも、今回は手術室看護師に注目します。

医療ドラマでよく見かけるのは手術器具を医者に渡す機械だしです。しかし、手術室看護師には外回りといった機械だしに急に必要となった器具を渡したり、患者の身体状況の把握をしてカルテの記入をする仕事もあります。

主にこの二人が看護師として一つの手術を担当します。

機械だしは、手術に必要な機械の準備から片付けまで責任をもって担当します。患者の身体の中に機械が残ってしまう事故を防ぐために機械やガーゼのカウントを術前、術中、術後に外回りと行います。

さらに手術の進行を把握して、医者が必要としている機械を医者が言う前に渡すことができると手術が早くでき、患者の身体負担を和らげることができるので、経験も必要となります。

外回りは、患者の体温や血圧、出血量などの管理を麻酔科医と共に行いカルテ記入をしていきます。

また、術前と術後には病棟看護師と申し送りを行います。機械だしが用意した機械以外に必要となった器具が機械台の上にない場合、清潔操作で機械だしに機械を渡します。

手術室看護師は手術中だけの関わりと考えられることが多いですが、術前、術後訪問を実施している病院が増えてきています。

術前には医者から伝えられたよりも詳しく手術や麻酔についての説明を行い、不安要素を取り除くように努めます。

術後は経過観察と共に患者の手術に対する意見などを集め、今後の手術室の在り方を見つめ直して、改善していきます。

そのため、手術室看護師は病態や解剖生理の専門的な知識がより必要とされます。機械も医療の進歩と共に開発されるため常にアンテナをはって情報収集をしていきます。

また、患者の身体の安全のため感染に気をつけて清潔操作がより必要とされます。

以上が手術室看護師の仕事内容です。

このページの先頭へ