看護師転職の際の面接対策とは?

魅力的な仕事を見つけることができたとしても、面接を受けて採用にならなければ働くことはできません。 また、転職をする際には面接対策は非常に重要だといえるでしょう。

面接官からの質問に対する返答がありきたりのものになってしまうと、自分をアピールすることもできなくなるはずです。 この他にも注意しておきたい面接のためのポイントについてご紹介します。

まず、見た目をしっかり整えておくということです。 これは、通常の企業でも同じことがいえますよね。 髪型や服装を整え、清潔感のある印象を与えることが重要です。

職場によっては、面接の後にすぐに実習を受けなければならないところもあります。 そういった職場では、スーツではなく動きやすい服装で来るように言われることもあります。動きやすい服装というのはだらしない服装とは違うので、こちらも清潔感のある服装を心がけましょう。

面接でどのようなことを聞かれるのかあらかじめ予想し、それに対する答えを持っていくとスムーズに面接を進めることができます。

なぜこの病院に入りたいと思ったのか、前の職場を辞めた理由は何なのかというのが定番の質問でもあるため、これらに対する答えはしっかり準備しておきましょう。

この病院でどのように活躍していきたいか、どのような看護師を目指しているかというのもよく聞かれる質問です。

また、職場によっては面接に加えて筆記試験を設けているところもあります。 面接対策だけをしっかり済ませておいたとしても、筆記試験の対策をしていなかったということになると大変です。

多くの職場では小論文や作文、一般常識問題に関する試験を受ける形となるため、丁寧な文章を作成しなければなりません。

特に小論文や作文を作成する際には内容に加え、文字が丁寧に書けているか、日本語を間違えていないかなども注意して見られるため、細かいポイントもしっかり見直してミスのないようにしたいですね。

一般常識問題の中には、毎日のニュースをチェックしておかなければ解けないような問題もあります。 今はスマホアプリなどでもニュースが配信されているので、そういったものを役立ててみましょう。

このページの先頭へ